TOPページヘ

一般診療

患者さまそれぞれの悩みや症状に応じた治療方法を提案させていただき、ご相談しながら治療を進めてまいります。

特に初めての診察では充分な時間をかけて、医師と臨床心理士がお話をうかがいます。
薬物療法が効果的と判断した場合はご提案いたします。
また、必要に応じてご家族や職場の関係者にもお会いしながら、困難な状況の解決を支援します。

薬物療法について

今日おのおのの症状に有効な薬が多種開発され、臨床的に活用されています。
当院では、薬の効果を期待できる方に対してできるだけ副作用の少ない、そして最も有効と思われる薬を用いて治療します。
薬の効果の三分の一は薬物そのものではなく、医師との信頼関係に基づく心理的効果だといわれています。
最小限の薬でより良い効果を生み出せるよう、皆さまの薬にまつわる疑問について丁寧にお答えしたいと考えています。
尚、当院は院外処方となっています。

カウンセリング

精神療法とも呼ばれています。
お困りの問題について話し合った上で導入を決定いたします。

自分自身について、医師または臨床心理士と一緒にじっくり考えたり話し合ったりします。
ことばにならない気持ちがこころの中で錯綜すると、整理がつかないほど自分が混乱してしまうことがあります。
個々の問題について、何が大切でありどうすればよいかという解決方法を専門家とともに模索していきます。

最初に、カウンセリングの目的を相談していただきます。
次に、予約曜日や時間を決め継続的に来院していただきます。
期間は経過によって個人差がありますので最初にご希望をお聞かせください。

  • カウンセリングを希望される場合はまず診察を受けていただきます。
  • カウンセリングの適応について判断し、必要な場合は心理検査を行うこともあります。
  • カウンセリングをすることで症状の改善が望めず、悪化が懸念される場合は、お断りすることがありますのでご了承ください。

メンタルドック

メンタルドックとは「こころの健康診断です」
人間ドックと同じように【早期発見・ 早期治療】を目的としています。

日々、過重なストレスや心身の疲労を感じているものの
『病院に行った方がよいのか?』
『単なる過労なのか?』
の判断ができない。

という声をよく耳にします。

当院のメンタルドックでは、2 種類の心理テストを用いたアセスメント(評価とアドバイス)を実施いたします。

患者さまご自身が 、現在の身体的・心理的・社会的状況等をとらえ直すことで、今後の生活を改善していかれるように専門的な助言をいたします。

心理テストについて

【POMS】
気分 感情の状態を定量的に評価する質問紙法のひとつです。
人の気分や感情は、おかれた状況によって変化するものです。
現在の状態を測定することによって自分が落ちついているか、疲労度が高くないかなどを把握することができます。

【TEG】
パーソナリティ(人格)の特性を評価する質問紙法のひとつです。
5つの尺度に分かれておりその高低がグラフ化されます。
自分のもののとらえ方や対人関係の傾向を客観的に把握することで目前の事柄に落ち着いて対処したり、その経緯を予測して補うことが可能になります。

診療の流れについて

【初回】
  • 院長による診察を受けていただきます。
  • メンタルドックの問診票にご記入いただきます。
【2回目】
  • 臨床心理士によるコンサルテーション(相談)及び心理テストを施行いたします。
【3回目】
  • 臨床心理士より心理テストの結果をお伝えし、アセスメント(評価とアドバイス)いたします。
  • 院長より総合所見をお伝えします。

料金について

  • 各種保険取扱(生活保護、労災は取り扱っておりません)
  • 通院医療費に関しては、自立支援医療制度をご利用いただける場合がありますのて医師にご相談ください。
<一般診療>
保険診療になります。
ただし、初めての診察は充分な時間をかけてお話を伺いますので保険診療費と、ともに別途予約料金(2,000円※税別)を申し受けております。

<カウンセリング>
保険外診療(自費)になります。
臨床心理士(50分)・・・・・・7,000円(税別)
臨床心理士(25分)・・・・・・3,500円(税別)

<メンタルドック>
保険外診療(自費)になります。
詳細はお電話にてお尋ねください。

ご予約・ご質問など、
お気軽にお問い合わせください
☆06-6947-5561☆

PC版サイトを見る

Instagram